07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

デッキについて 

先日より明和町のT様邸でウリン材を使用し、デッキを作らせて頂いているのですが、色々な方からある問い合わせを頂きます。

「樹脂のデッキとウリンのデッキどっちが丈夫なの??」

「オススメはどっち??」

どちらも一長一短ありますが、私個人的には天然木をお勧めしております。

まずはお互いの特徴と短所。


まずは「ウリン材」

ウリンの別名はボルネオアイアンウッドと呼ばれています。

東南アジア原産の非常に硬く重い木材です。

それで鉄の木と呼ばれ、100年腐らない木と言われております。

そして紅茶などに含まれるポリフェノールをふんだんに含んでおり、害虫を寄せ付けないのでシロアリの心配もありません。

現地の海にかかる橋の改修工事の際、ウリン材を止めていたボルトナットは錆びてボロボロになっているのに対し、ウリン材は再利用出来る位の状態であったようです。

一度作ってしまえば、無塗装でも大丈夫なのでその点は樹脂デッキと変わりません。

ただ固くて重いので加工が大変で、先日の記事でも書いた通り、ビスやビットは折れまくります。

それ故に施工する工賃は嵩みますね。

そしてポリフェノール成分がしみ出して下の土間や束石を汚してしまいます。


それに対し「樹脂のデッキ」


最近の樹脂デッキは木粉が入ってとても風合いが良くなりました。

そして基本プラスチックとアルミの構成なので腐る事はありません。

見た目も天然木と違い、一枚一枚の色が均一です。

ただプラスチックなので暑い時は膨張し、寒い時は伸縮するのでそれを繰り返しているうちに大体大引きとの間がたわんで来ます。

もっと間隔を狭くすれば解消出来るのでしょうが・・・

それと夏場は熱くて素足では乗れません。

そしてプラスチック特有の劣化による白粉。

これが一番気になります。

デッキは腰掛けたり、時には寝そべったりする場でもあります。

その時に服や肌が白くなるのがどうも私は好きになりません。

私個人の意見としては天然木をお勧めしたいですね。

ウリンに限らずウエスタンレッドシダーもとても良い材料です。

ウリンに耐久性では劣るもののウリンと同じようにヒノキチオールという成分が含まれており防腐、防虫効果がありその上肌触りや質感はウリン以上のものがあります。


デッキ材は人工・ウリン・レッドシダーなど色々とあります。

これに関しては本当に申し訳無いですが・・・

「好みです」と言うしか無いかもしれません

ただ一番やめた方がいいのはホームセンターで手軽な金額で売られているSPF材。

これは例え防腐・防虫処理をしてあっても外での過酷な環境には耐えられないのでNGですね。

デッキがある生活はとても良い物です。

その家、そしてそこに住まう方のライフスタイルに合った素材で作るのが一番だと思います。








category: ウッドデッキ!

Posted on 2012/04/17 Tue. 20:36  edit  |  tb: 1   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tagumazouen.blog75.fc2.com/tb.php/1610-9d4f2723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【デッキについて】

先日より明和町のT様邸でウリン材を使用し、デッキを作らせて頂いているのですが、色々な方からある問い」「オススメはどっち??」どちらも一長一短ありますが、私個人的には天然木をお勧めしております。まずはお互いア原産の非常に硬く重い木材です。それで鉄の木と呼?...

まとめwoネタ速suru | 2012/04/17 20:56